夜のしじまに

アクセスカウンタ

zoom RSS 死と向き合えるか

<<   作成日時 : 2005/03/05 23:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日人間ドックを受けました。
テニスのおかげで体重が6kg減ったことで200位あったγGPTも25まで下がり喜んだのもつかの間、膵臓に「のう胞」の疑いが有り精密検査が必要、というコメントが付きました。超音波写真にはっきり写っています。大きさは3mm位です。

最初は大したことはないと考えていましたが、いろいろインターネットで調べると、ちょっとやばそうです。のう胞自身は良性の腫瘍のようですが、膵炎や膵臓癌から生じる場合があるそうです。また膵炎が慢性化したり、のう胞が進行すると癌となる可能性が高く、膵臓癌は外科手術で摘出しても5年生存率はかなり低いそうです。
先日も会社で席向かいの先輩が膵臓癌で亡くなりました。

来週の水曜日に精密検査のため北里大学東病院へ行ってきます。
現在、人間ドックの1次検査結果は2次精密検査と合致する確立はかなり高いそうです。

近いうちということは無いと思いますが将来万が一の時、以前、記事「今日は死ぬのにとてもよい日だ」で詩を紹介したネイティブ・アメリカン インディアンのように、死をあるがまま受け入れることができるよう、準備が必要かもしれません。

今回は内容が重いのでトラックバック、コメントは無しとさせて下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
死と向き合えるか 夜のしじまに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる